インジェクション成形機

溶融した樹脂(プラスチック)を金型の空間(製品部)に注入し、冷却、固化させた後金型から取り出します。
弊社の機械ではキャップなどをメインに成型致しております。ブロー成形(ボトルの製造)も自社で行っているため、キャップの勘合など微調整、変更などが一環して容易にスピーディーに行えます。他にもノズル、コップなど色々なものが成形出来ます。

メリット

精密で多彩な形状が成形可能です。後加工の必要の無い 完成品が大量に生産できます。キャップやコップなど多数個取が可能なため商品コストが抑えられます。

  • 金型¥150万円上記写真サンプル金型は口内経48パイ、容量が50cc容器の金型です。個数は8個取りでホットランナー仕様になっており、ランナー(不要な部分)がでなくなり新しい材料のみで成型できます。粉砕の手間がいらなく作業工賃がかからないためコストダウンします。粉砕した材料を使わないので製品の仕上がりも綺麗に仕上がります。製品8個全ての重さに誤差はなく安定した製品を作れます。インジェクション成型機で成型可能な材質はPP(ポリプロピレン)PE(ポリエチレン)PS(ポリスチロール)となっています。
  • 商品単価@6.5-製品は口内経48パイ、容量50ccの容器になります。材質はPP(ポリプロピレン)となっています。重さは7.3gです。
ケーエム化学株式会社の瓶・容器・ボトルに関するお問い合わせ 072-350-3830 受付時間:土日祝祭日を除く 9:00~17:00メールでのお問い合わせ